最新情報

皆さんは福袋・・・買う派ですか?

2021.12.21

来年はぜひ買う派になってみませんか🐯

最近の福袋の傾向としては中身の見える福袋や価格別になっている福袋などが見受けられます。

 

🌟福袋の云われはご存知ですか?

 

福袋

 

福袋の原型と考えられているのは江戸時代の「えびす袋(恵比寿袋)」と言われています。

日本橋の著名な呉服屋が当時としては画期的な一年の裁ち余りの生地を袋に入れてえびす講に合わせ販売しました。

えびす講とは恵比寿様(えびすさま)を祀って商売繁盛を願う行事です。

 

これが江戸市中で大評判となり他の呉服屋もこれに続いたという記録が残っているそうです。

 

 

 

 

現代では日本国外にも拡がり、特にアメリカでは「lucky bag」ラッキーバッグ、「mystery bag」ミステリーバッグとも呼ばれているそうです。

 

 

セレオ国分寺店では

新年1月2日より「お数珠と袋セット」福袋をご用意いたします。数に限りがありますのでお早目に!!!

価格は、なんと・・・¥3,000です。

数珠の種類は見てのお楽しみ✨

 

(お数珠の写真はイメージ画像です)

 

 

 

 

【数珠の豆知識】

数珠というと弔事用というイメージがありますが、厄除けお守りとしての役割もあります。結婚のお祝い、成人祝いや就職祝いなど、新たな門出を迎えた方への贈り物としても相応しいですね。

 

「嫁ぐ子に 忘れず持たす 数珠ひとつ」という言葉があるように数珠は幸せを願うお守りとして昔から言い伝えられ、珊瑚の数珠などは「産後の日達が良いように」との思いで親から嫁ぐ娘へ贈るものでもあります。

 

そんな思いで譲り受けた大切な数珠も年月と共に劣化し、紐が切れてしまうということも多々起こります。縁起が悪いのではないかと気にされる方もいらっしゃいますが、そのようなことはまったくないのでご安心してください。

 

数珠というのはいろいろな意味があり、魔除けとしての意味もあるので、大切にしていた数珠の紐が切れたということはその数珠が役割を全うしたということでもあるのです。長年守ってくれたことに感謝の念を抱き、修理で新しく紐を交換し、愛用し続けて下さい。

もちろん、当店でも修理のご相談承っております。

 

 

 

セレオ国分寺店は「国分寺駅」直結でとてもアクセスが便利です。

夜は20:30までの営業ですのでお仕事帰りでもお立ち寄りいただけます。丸井側エレベーターを8階までおあがりください。エレベーターを出てすぐ左側にございます。

 

ご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。