お仏壇専門家のコラム

お仏壇の選び方

良いお仏壇とは、お客様ご自身が最もお気に召したもの

昔からお仏壇とは仏様をお祀りさせて頂く厨子(ずし)であり、お亡くなりになられたご家族やご先祖様の魂の住処であり、お参りするご家族の心の支柱となる祭壇であると言われてきました。本来の形であれば、毎日お寺にお参りするのが正式な有様ですが、ご多忙の方も多い現代ですので、ご自宅で気軽にお参りできるようにと小さな御本堂を形取ったものがお仏壇です。お気付きになられる方も多いと思いますが、お仏壇の作りはお寺のご本堂を模倣したものなのです。

お住まいに合わせてお選び頂ける、豊富な品揃え

最近のお住まいは洋間を中心とした設計が多いため、小さくコンパクトでデザイン性の高いお仏壇を選ばれる方が多いです。とくにフローリングのお部屋には、すっきりとした西洋風仏壇が馴染み易いというお声が高いです。

ご自宅に和室がないというお話もよくお聞きしますし、ヨーロピアンタイプのお仏壇は形がシンプルなものが多く、お手入れもしやすいと評判です。しかし、私どもが最もお勧めしたいお仏壇は、日本の伝統的なタイプです。歴史を超えて愛されている様式には、ご家族の「心の住処」として相応しい趣がございます。

ご家族の生活の一部として、いつでもそばにある安らぎのお仏壇

お仏壇をご安置されるのに好ましい場所は、ご家族が生活を営まれる中で、最もお参りしやすい所です。例えば、ご家族そろってお食事されるお茶の間やリビングルームなどが良いでしょう。しかし、ご家庭によって生活の事情は様々ですから、お仏壇と共に生活される上でご家族がともに過ごしやすい場所に安置されることをお勧めしています。皆様がお食事などで集まるお部屋からお仏壇をご覧になれる場所がよろしいでしょう。

お仏壇をご安置する角度や方位の決め方

また、お客様から度々ご質問頂くのは、お仏壇をご安置する角度や方位の決め方です。昔は観音開きの扉を開いた際に北向きになることは良くないとされていました。しかし、現代の日本の住居は、真北を向いている場合はほとんどございません。ですから「この場所が好ましい。」とご家族でお決めになった場所が、最もそのお仏壇に合った良い安置場所と言えるでしょう。但し、お仏壇の劣化を防ぐために直射日光の当たる場所は避けて頂ければと思います。

また、ひとつのお部屋に神棚とお仏壇をご安置される場合、ふたつが対面する配置になりますと、どちらかにお参りする際にもう一方に背中を向けることになってしまいます。神棚とお仏壇は正面に向き合う配置だけは、避けて頂くことをお勧めします。

大切なお仏壇を安心と共に、お客様にお届け

お客様のご希望があれば私どもが責任を持って、ご安置のお手伝いをいたします。お住まいのご安置場所を事前に決めて頂けると、スムーズにご安置することができます。もし、ご希望の場所がご自宅の2階であったり、通路が狭いなど特別なご都合がございましたらお知らせ下さい。事前に必要な準備をしてお伺いさせて頂きます。

またお仏壇のご購入後、ご自宅へお届けした際に「こんなに大きかったかしら…」と店頭でご覧になった時と印象の違いに、戸惑われるケースもしばしばございます。サイズに問題があった場合には、品物のご変更も可能ですが、是非ご購入をお決めになる前に、ご安置場所の寸法を測って頂くことをお勧めします。

セレモアの仏壇ギャラリーには、サイズ、色味、形式、全てにおいて様々なタイプの商品を取り揃えております。まずは当社のギャラリーに足を運んで頂き、専門家のアドバイスと共に品質の良いお仏壇を直接ご覧下さい。

お仏壇専門家のコラム バックナンバー