最新情報

年賀状を出さない、だけじゃない!喪中で迎えるお正月の正しい過ごし方とは?

2021.11.24

喪中のお正月の過ごし方ご存知ですか???

喪中はがきを出したからと言って安心していたら、最近になって、喪中の場合どうお正月を迎えればいいのか不安になってきたという方も多いかもしれません。

そこで、喪中のお正月の過ごし方についてお話します

 

しめ縄や鏡餅は買うべき❓

しめ縄や門松などのお正月の飾りをしないのが一般的です。

鏡餅の準備しないとする考え方もありますが地域によって異なりますが、49日が済んでいない「忌中」の間である場合は、避けた方がいいでしょう。

 

 おせち料理は作るの❓

おせち料理やお雑煮はお祝い事としてではなく、日常の食事として食べるのであれば、差支えないでしょう。

鯛やエビなどのめでたい食材を避け、重箱ではなくお皿に盛るなどすればいいと言う考え方もあります。祝い箸は使わないようにしましょう。

 

年越しそばは食べていいの ❓


一年の厄を切り捨てたり、細く長い刑状から長寿を願う意味がある食べ物なので、喪中でも大丈夫です。

 

 

神社仏閣への初詣は?

一般的には控えるようにと言われがちですが、実際は、お寺への初詣ならok です。

神社とお寺は全くの別物です。神社の場合、死は忌み嫌うもの不浄なもので汚れていると考えるため、鳥居をくぐてってはいけないとされます。

一方、お寺の場合は、葬儀や法要をすることからもわかるように死は汚れとは考えていないため、喪中でも詣でていいのです。

 

年頭のあいさつは?

 Q お正月は、人と会うとおめでとうございます。と挨拶を交わしますが、喪中の間はどうすればいいのでしょうか?

A おめでとうございますと声をかけられた時も、自分から先に声をかける時も、「おはようございます」「こんにちは」と普段通りの挨拶をすれば宜しいでしょう。

 

他にもお正月を迎えるにあたってご不明な点がございましたら、お店までご連絡ください。

 

 

セレオ国分寺店は「国分寺駅」直結でとてもアクセスが便利です。夜は20:30までの営業ですのでお仕事帰りでもお立ち寄りいただけます。丸井側エレベーターを8階までおあがりください。エレベーターを出てすぐ左側にございます。

 

ご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。