最新情報

お盆フェア 始めました

2022.06.04

こんにちは。お仏壇のセレモア東大和本店です。

6月になりました。お盆の準備も始める頃合いかと思います。

寺院へ盆供養のご依頼はお済でしょうか。これからという方は早めにお願いしてはいかがでしょうか。

 

日程が決まれば次に盆用品、提灯の用意となります。

今回は新盆の時に用意するもの中から代表的なものをご案内致します。

 

まず最初は「白紋天」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

置き型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お亡くなりになられた方が忌明け後、始めて家に戻って来ます。初めて帰って来るときに故人の霊が迷わないよう目印として軒先に飾ります。いちど自宅へ戻りますと来年以降は迷わずに家に帰って来れますので白紋天は不要になります。(新盆の時だけという理由はこれです)

 

 

 

次に「精霊馬」です。

他にもご用意がございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもお盆の時の代名詞的なものです。ナスで作られたものを「牛」、キュウリで作られたものを「馬」に見立てます。

ご先祖様があの世から行き来に使う乗り物になります。早く家に戻ってこられるように「馬」を使い、あの世に帰るときは名残惜しく少しでも長くいて欲しいと「牛」を使います。子供の頃、キュウリやナスに割りばしや爪楊枝を指して作ったとよくお聞きします。

 

 

 

最後に「盆提灯」です。

 

 

 

 

 

たくさん取り揃えております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お盆=盆提灯」とも言われています。

ご先祖様は提灯の明かりを目印にお戻りになると言われています。ご先祖様の迎え火としての意味があります。

以前は三本足の行灯型のお提灯が一般的でしたが最近はいろんな形のものがあります。

 

 

以上3点をご紹介致しました。

お盆飾りについて宗派や地域性もあります。(とくに白紋天はお気を付けください)

店舗にて説明させて頂きますがご心配な場合は菩提寺様やお付き合いのあるお寺様へご相談ください。

 

東大和本店では様々な盆提灯を取り揃えております。6月1日から8月15日までお盆セールを開催しています。

お仏壇、お線香・ローソクもセール価格でのご提供です。

心よりご来店お待ち申し上げております。