お仏壇専門家のコラム

お盆はご先祖様をお迎えする行事

お盆とはご先祖様のお里帰りです。心を込めてお迎えしましょう。

お盆とは正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

「盆と正月」といわれるように、年中行事の中でも大切にされ、全国各地で大文字焼き・花火大会・盆踊りと様々なお盆の行事が行われております。

お客様より、「お盆をお迎えするにあたり、どんな準備をすればよいのでしょうか?」というご質問をよくお受けします。お盆には、お亡くなりになられた方、ご先祖様が年に一度、帰っていらっしゃいます。ご家族の皆様でお迎えいたしましょう。

お盆にはキュウリで作った馬、ナスで作った牛をお飾りしますが、これはお迎えはキュウリの馬に乗って早く帰ってこられ、帰りは盆棚にお供えした農作物や供物やお土産と共にナスの牛に乗ってゆっくりお帰りいただくという意味があるそうです。

お盆の期間は地域によって7/13~、8/1~、8/13~とお迎えする日も様々です。お寺様への読経のご依頼、お墓の掃除、盆棚の飾りはゆとりをもって早めにいたしましょう。

新盆(にいぼん)とは

亡くなられた方が忌明け後、初めて迎えられるお盆のことをいいます。

生前の感謝の気持ちを込めて、ご家族・ご親戚・知人・友人と多くの皆さんでお出迎えいたしましょう。新盆ではお寺様をお招きして読経していきただきます。この時、最初の一度だけ白い提灯を用意します。(お迎え提灯といいます)初めて帰ってこられるのに迷わないように目印になります。他に行提灯などはご親戚の方が送られる事もございます。

お供物も故人のお好きだったもの、農作物などを供えていただければと思います。私が嫁いだ頃は、朝はおまんじゅう・ぼたもち・天ぷら・煮物、お昼は手打ちうどん、夜はちらし寿司・稲荷寿司と手作りのご馳走を作って、親戚の方々と一緒に故人・ご先祖様の思い出話に花を咲かせたものです。

これからお盆に向けてご準備される方へ

お盆でご先祖様をお迎えするのにあたり、行提灯をご用意いたします。また、新盆(にいぼん)の方は白い盆提灯をご用意いたします。

お盆では、ご先祖様をお迎えするために特別なお飾りをいたします。普段、お使いのお仏壇の前に経机と真菰のござを敷き、三具足や供物などを飾る場合と、お仏壇とは別に精霊棚(しょうりょうだな)を用意し、真菰(まこも)のござを敷き、位牌や三具足、供物、そして青竹を四隅に立て、しめ縄やホオズキを飾る場合もございます。供物は故人が好きだったものをお供えし、お迎えいたします。

ご先祖様をお迎えする準備が整いましたら、ご自宅の入り口でおがら(皮をはぎ取った麻の茎)を焚いて、その煙でご先祖様が迷わずご自宅に帰ってこられるようにしましょう。マンションなどでは、ほうろくの上で少し火を灯していただき、あとはすぐに消されてもよろしいかと思います。またご先祖様がお帰りになられる際にもおがらを焚いて、その煙で迷わずお帰りいただけるようにいたします。

これからお盆のご準備をされる方、いろいろ迷ってどうしたらよいのかという方もいらっしゃるかと思います。セレモアのお仏壇店では、お盆の商品をはじめ、幅広く商品をお取り揃えしております。またご不明な点などがございましたら、お気軽に足をお運びいただき、お盆アドバイザーまでご相談ください。

お仏壇専門家のコラム バックナンバー